CATEGORY

任意売却のQ&A


離婚

離婚・別居して持家を売却するときは「任意売却」を

離婚は決して他人事ではありません。 住宅ローンを滞納する根本的な原因が「離婚」というケースは、非常に多くあります。 一般的に多いケースの債務者(夫)、連帯保証人(妻)を例に、以下の事を考えなければなりません。 なお妻が連帯債務者(主に住宅金融支援機構の借り入れ)の場合も同様です

任意売却 大阪相談室 フリーダイヤル
0120-721-520 《お気軽にご相談ください》

(通話料無料・携帯電話からもご利用になれます)
受付時間: 9:00~20:00(土日・祝日対応)

LINEトークが利用できます
友だち追加

メール相談は24時間受付中!
お問い合わせはこちら

秘密厳守を徹底します
当相談室では、訪問等のしつこいセールスは一切行っておりません。 お気軽にお問い合わせください。

リースバックとは?

リースバックとは ご自宅を売却し、購入した相手からそのまま家を借りて住み続けるのがリースバックです。 ご自宅の所有権は手放しますが、引越しする必要がなく、生活スタイルは今までと変わりません。 金融機関(債権者)の同意を得ることにより、任意売却でもリースバックは可能です。 ご自宅の売却後は住宅ローンの […]

税金の滞納・差押は?

税金の差押を受けても任意売却は可能です 任意売却を行うには、不動産に抵当権・差押を設定している全ての債権者の同意が必要です。 税金を滞納している市役所・府県庁・税務署が、任意売却の同意を得る交渉先になります。 税金を滞納していても、不動産に差押を設定されていなければ、任意売却の交渉は不要です。 差押 […]

任意売却で破産する必要は?

任意売却=破産ではありません 現状では、住宅ローン以外の借金が少額のケースで、破産する方は少ないです。 任意売却後の残債については、債権者と交渉し返済可能な金額で解決が可能です。 複数の銀行、クレジット・ローン会社、貸金業者から多額の借金を借り入れ、多重債務に陥った方は破産を検討したほうが良いでしょ […]

連帯保証人(連帯債務者)、共有者の同意は?

連帯保証人(連帯債務者)、共有者の同意が必要 任意売却は、担保不動産を売却して返済に充てるという作業です。 このため任意売却を行うには連帯保証人(連帯債務者)の同意が必要になり、同意を得ることができない場合は任意売却を行うことはできません。 また任意売却は不動産の売却を伴うため、所有者が複数いる場合 […]

任意売却で信用情報(ブラックリスト)の影響は?

信用情報への影響 任意売却は、住宅ローンの返済ができない場合に選択する手段ですので、信用情報に延滞履歴が登録されます。 信用情報に延滞履歴があると、新たなクレジットカードやローンの申し込みに悪影響を及ぼします。 しかし最大かつ長期間の住宅ローン問題を解決できますから、それぞれのご事情で優先順位をお考 […]

任意売却と競売を比べると?

裁判所の競売にメリットはありません 競売は売却価格が安く、売却スケジュールは裁判所が強制的に取り決めるため、あなたに何らメリットはありません。 任意売却で全額返済、または大きく債務が減らすことができるのに、競売でご自宅を売却しても債務が多く残ることになります。 また競売でご自宅を手放すと、引越しの準 […]

不動産投資,アパートローンの任意売却

賃貸市場は刻々と変化しています。専門家にご相談ください! 投資用不動産の収益悪化には、早期改善が重要です 市場動向、エリア特性、物件の特徴、他の資産・負債、相続等、あらゆる角度からの検証が必要です。 新築・中古物件の価格の低迷やローンの低金利が続き、不動産購入に有利な時代が続きました。 そのため築年 […]

任意売却後の手続きは?

物件売却後の住宅ローン返済は? 不動産(ご自宅)を売却後も、ローン契約上は一括で返済することに変わりはありません。 しかし、現実的に一括返済は不可能です。 そこで具体的には、支払い可能な毎月返済額を債権者と交渉することになります。 住宅金融支援機構では、生活状況申出書を記入・提出して交渉するのが一般 […]

任意売却のQ&A

リースバックとは? 税金の滞納・差押は? 任意売却で破産する必要は? 連帯保証人(連帯債務者)、共有者の同意は? 任意売却で信用情報の影響は? 任意売却と競売を比べると?