返済中だが近いうちに払えなくなる

滞納回数と危険度

住宅金融支援機構・主な銀行の例(早く進行するケース有り)

返済が厳しくなる原因はさまざまです。

収入減少・失業・離婚・病気・保証債務の支払い等をきっかけに、返済が困難になってきます。

返済を滞納・延滞して数ヶ月経つと、必ず裁判所の競売で家を手放すことになります。

それを念頭に置いて、住宅ローンを返済期間内に全額返済できるか考える必要があります。

毎月返済額を減らす住宅ローンの「繰り延べ」と「借り換え」

「繰り延べ」は現在借り入れしている銀行へ相談し、返済期間を延長する等して毎月返済額を減らす方法です。

「借り換え」は現在の借り入れ銀行とは別の銀行の借り換えローンを利用し、金利差などで毎月返済額を減らす方法です。

しかし繰り延べ・借り換えでも、借入元金が減るわけではありません。

借り換えは諸費用の自己負担が発生し、繰り延べは返済総額が大きく増額することもあり、注意が必要です。
住宅ローンの繰り延べ(リスケ)・借り換え とは

長期的な視野で考える必要があります

住宅ローン返済を滞納・延滞する前は、いろいろな方策を取ることが可能です。

今後も長い年月を返済で苦慮するのであれば、不幸のもとになる家を売却して住宅ローン債務を大きく削減し、再スタートするのも方法の一つです。

住宅ローンの担保になっている不動産を売却するには、現金を加算してでも売却代金で住宅ローンを全額返済する必要があります。

また年数を経過するほどに、不動産の価格は下落していくことに注意が必要です。

家を売却しても住宅ローンを全額返済できないときに「任意売却」

任意売却を活用することにより、銀行と交渉して承諾を得て、住宅ローンを全額返済できなくても、売却することが可能になります。

任意売却を進めるのに、早すぎる時機はありません。

滞納・延滞する前から、任意売却に向けて行動する方も多くいらっしゃいます。

ただし任意売却を進めるには専門家のアドバイスが必要です。

的確なコンサルティングのもと、スムーズに住宅ローン問題を解決することが可能になります。

任意売却を詳しく解説

任意売却とは

任意売却とは

住宅ローン返済から解放され、新生活がスタ ...
続きを読む
任意売却の流れ

任意売却の流れ

任意売却はコンサルタントが重要 任意売却 ...
続きを読む
任意売却Q&A

任意売却のQ&A

リースバックとは? 税金の滞納・差押は? ...
続きを読む
jirei

任意売却の解決事例

任意売却 大阪相談室で解決した事例の一部 ...
続きを読む

任意売却 大阪相談室 お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-721-520
通話料無料(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間: 9:00~20:00(土日・祝日対応)
住所: 大阪市北区天神橋2-5-26 ギャラリービル6F

メール相談は24時間受付中!
LINEトーク・Facebookメッセージも利用できます

秘密厳守を徹底します
当社では、訪問等のしつこいセールスは一切行っておりません。
まずはメール・お電話でお問い合わせをお願い致します。