TAG

競売

住宅ローンが払えないと

家を売っても住宅ローンを全額返済できない 住宅ローンの返済方法は、毎月返済額が一定になる元利均等返済が通常です。 この返済方法は、返済期間の前半は金利払い分が大きく、元金分の減少がゆるやかです。 そのため、不動産の経年劣化による下落幅のほうが大きく、売却しても住宅ローン全額を返済できないことが珍しく […]

任意売却のタイミング

早い決断が重要です! 住宅ローンが払えなくなり、返済を正常に戻す目処が立たなくなったときが、任意売却を行うタイミングです。 住宅ローンの滞納が続くと必ず残債の一括請求に至り、裁判所へ競売申立が行われ、強制的に家を手放すことになります。 ギリギリまで返済をがんばると、手持ちの現金が無くなり、キャッシン […]

競売通知が来たら

裁判所から競売開始決定が届いても、任意売却は間に合います!競売で売却処分されても何らメリットはありません。任意売却で有利な条件で売却し、売却後の返済交渉もスムーズに行うことが可能です。それには競売の仕組みを熟知したコンサルタントが必要です。任意売却大阪相談室にお任せください。

破産と任意売却

破産、民事再生をされる方こそ任意売却を! 破産と任意売却をセットで選択 破産、民事再生を弁護士が受任し、債権者へ受任通知を提出することにより、全ての督促はストップします。 破産・免責の裁判所許可を受けると、住宅ローン等の債務の支払い義務はなくなります。 民事再生(住宅資金貸付債権に関する特則なし)で […]

住宅ローンのボーナス払いは要注意

ボーナス払いが将来の悪影響に まとまった収入が入るボーナスですが、住宅ローンでボーナス払いを組んでいる方は要注意です。 ボーナス払い分は6ヶ月毎に1回来ますが、支払い金額が大きいため、一度返済に苦しむとその後に大きな影響を及ぼします。 ボーナス払いをきっかけに、後々返済に苦労する方が多いのが現状です […]

『動画』で任意売却の解説

住宅ローン返済の問題を解決する、任意売却について分かりやすく解説したショートムービー(1分間)です。 任意売却 大阪相談室「任意売却とは」「任意売却の流れ」の2本をYouTubeにアップしています。ぜひご覧ください。

裁判所から「競売開始決定」が届いた

裁判所から「担保不動産競売開始決定」の通知が届いたら、早急に対応が必要です。 今まで銀行・保証会社・債権回収会社と全く話し合いをしなかった方も、交渉によって「任意売却」は可能です。 任意売却のスケジュールは厳しくなりますが、任意売却 大阪相談室 では競売後の任意売却の実績が多数あります。 競売と任意 […]

返済状況に合わせたコンサルティング

住宅ローンの返済状況によって解決策は異なります。あなたの状況に合わせたコンサルティングが必要になります。 《任意売却 大阪相談室》では返済中、滞納・延滞中、一括請求後、競売決定後まで、全ての状況の方を一貫して完全サポートします。

リースバックとは?

リースバックとは ご自宅を売却し、購入した相手からそのまま家を借りて住み続けるのがリースバックです。 ご自宅の所有権は手放しますが、引越しする必要がなく、生活スタイルは今までと変わりません。 金融機関(債権者)の同意を得ることにより、任意売却でもリースバックは可能です。 ご自宅の売却後は住宅ローンの […]

税金の滞納・差押は?

税金の差押を受けても任意売却は可能です 任意売却を行うには、不動産に抵当権・差押を設定している全ての債権者の同意が必要です。 税金を滞納している市役所・府県庁・税務署が、任意売却の同意を得る交渉先になります。 税金を滞納していても、不動産に差押を設定されていなければ、任意売却の交渉は不要です。 差押 […]

任意売却と競売を比べると?

裁判所の競売にメリットはありません 競売は売却価格が安く、売却スケジュールは裁判所が強制的に取り決めるため、あなたに何らメリットはありません。 任意売却で全額返済、または大きく債務が減らすことができるのに、競売でご自宅を売却しても債務が多く残ることになります。 また競売でご自宅を手放すと、引越しの準 […]

任意売却のQ&A

リースバックとは? 税金の滞納・差押は? 任意売却で破産する必要は? 連帯保証人(連帯債務者)、共有者の同意は? 任意売却で信用情報の影響は? 任意売却と競売を比べると?

夫が家を出ていき、妻(連帯保証人ではない)が残った

住宅ローンの支払いは夫が続ける条件で離婚し、妻が住み続けるケースがあります。これは危険です。 妻が家に住む権利を、別れた夫が握っています。支払うと約束しても、支払えなくなることは珍しくありません。 住宅ローンを滞納すると、いずれローン打ち切り一括請求となり、裁判所の競売にかけられます。 しかも妻には […]

親の介護にかかり切りで競売へ

ご相談内容と解決 大阪市 マンション K.H様 自営業  両親がほぼ同時期に要介護状態になり、普段の仕事に加えて入退院や介護の世話まで見ることになりました。 毎日あまりに忙殺された日を送っていたところ、ある日、郵便受けに裁判所から競売開始決定の通知が来ていました。 しかも留守中に裁判所の自 […]

実家が競売になり、妻子が連帯保証人

ご相談内容と解決 尼崎市 一戸建H.H様主婦 女性からのお電話です。 「両親が住んでいる実家に裁判所から競売開始決定通知が届きました。私はすでに結婚して別世帯ですが、連帯保証人になった記憶があるので、今後のことについて相談したい」とのことです。 競売まで進んでいると、急いで手続きを進める必要があると […]

【失敗例】他社で任意売却ができませんでした

ご相談内容 大阪市 マンションI.K様失業中 会社を辞めてなかなか転職先が決まらず、収入がなくなったため、住宅ローンが払えなくなりました。 私は住宅ローンを2つの銀行で組んでおり、固定資産税を滞納していたため差押もされています。またマンションの管理費も滞納している状態です。 最も査定額の高い不動産会 […]

明渡しの強制執行

競売の落札者(買受人)が裁判所へ代金納付することにより、不動産の所有権は買受人へ移転する。 その時点で、以前の所有者等が未だ居住し退去しない場合、買受人の引渡命令申立てにより裁判所の執行官が強制執行を実施し、物件を明け渡すことになる。 債務者(居住者)から見ると、強制的に家から追い出される形で、通常 […]

一括請求

住宅ローンを借り入れしている債務者が、住宅ローンの返済が不可能な状況になり数ヶ月経過すると、期限の利益を喪失し、毎月分割払いを打ち切られて残りの債務の一括請求を受けることになる。 銀行の住宅ローン(保証付き)の場合は、保証会社が銀行へ債務者に代わって弁済(代位弁済)した後に、保証会社から一括請求を受 […]

期限の利益の喪失(期失・失期)

住宅ローンは一般的に20~35年間の返済期間を定めて融資を受け、その期間中は全額返済する必要がない。 この期限が到来するまで期間があることを「期限の利益」といい、この利益は債務者にある。 しかし債務者が返済義務を怠ったり、破産手続を行ったりした場合、債権者(融資した銀行等)は債務者の期限の利益を喪失 […]