妻(連帯保証人である)が家を出ていき、夫が残った

離婚保証人_a

離婚の成立にかかわらず、妻は家を出ていき、新生活を始めました。

ところが家に残った夫が住宅ローンを滞納すると、連帯保証人である妻にも督促状が届きます。

連帯保証人の支払い義務は債務者と同等です。

離婚を理由に連帯保証人を外して欲しいと銀行に交渉しても、ほとんど認められることはありません。

妻から見ると、家の売却は無関係と思うかもしれませんが、連帯保証人の支払い責任を逃れることはできません

家をいくらで売り、返済に充てた後にローン残額がいくら残るか、売却後の返済をどうするか金融機関と交渉する必要があります。

金融機関との交渉を含め、家の売却、売却後の返済交渉まで、《任意売却 大阪相談室》で一貫してサポート致します。

解決事例をご紹介

連帯保証人(連帯債務者)、共有者の同意は?

連帯保証人

連帯保証人(連帯債務者)、共有者の同意は?

連帯保証人(連帯債務者)、共有者の同意が ...
続きを読む
競売

競売通知が来たら

競売とは裁判所が強制的に不動産を売却する ...
続きを読む
jirei

任意売却の解決事例

任意売却 大阪相談室で解決した事例の一部 ...
続きを読む
任意売却Q&A

任意売却のQ&A

リースバックとは? 税金の滞納・差押は? ...
続きを読む

住宅ローン返済・競売・不動産査定の無料相談

任意売却 大阪相談室 フリーダイヤル
0120-721-520 通話料無料
(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間: 9:00~20:00(土日・祝日対応)

メール相談は24時間受付中!

〒530-0041 大阪市北区天神橋2-5-26 ギャラリービル6F
Googleマップ

秘密厳守を徹底します
当社では、訪問等のしつこいセールスは一切行っておりません。
まずはメール・お電話でお問い合わせをお願い致します。