実家が競売になり、妻子が連帯保証人

ご相談内容と解決

尼崎市 一戸建
H.H様
主婦

女性からのお電話です。

「両親が住んでいる実家に裁判所から競売開始決定通知が届きました。私はすでに結婚して別世帯ですが、連帯保証人になった記憶があるので、今後のことについて相談したい」とのことです。

競売まで進んでいると、急いで手続きを進める必要があるとご説明し、翌日実家でご両親と娘さんの三人と面談を行いました。

父親は、数年前から住宅ローンの返済が困難になり、たびたび銀行から督促状が来ていましたが、妻子に相談はせず、密かに銀行と交渉し住宅ローンの繰り延べの手続きをしていました。

住宅ローンの繰り延べは返済期間を延長することにより、毎月の返済金額を減額する方法です。

しかし将来、収入が増える確かな計画がなければ、問題の先送りになり、返済総額が増えるため状況はさらに悪くなります。

父親はどうしたら良いか分からないまま延滞を重ねることにより、裁判所の競売に至りました。

住宅ローン契約書を確認すると、母親と娘さんが連帯保証人になっており、返済を免れることはできません。

父親に確認すると、延滞が始まってからは銀行からの電話には出ず、督促状や自宅訪問も無視していたとのことです。

まずは代位弁済した保証会社へ電話をすると、来社面談を求められたため、父親の面談時には私も同席し、任意売却の承認を取り付けました。

その後は保証会社と任意売却の販売価格を取り決め、販売活動をスタートしましたが、競売の手続きは進行するため、状況調査のため執行官が訪問しました。

迅速に販売した結果、好条件の購入者も見つけることができ、競売入札前に任意売却を完了することができました。

売却後の残債務の返済についても、両親と娘さん合わせて家計の重荷にならない返済額に収めることができました。

ポイント

住宅ローンの返済を家族の一人に任せっきりにした場合、返済が困難になったときに家族に相談できなかったという話はよくあります。

今回のように「裁判所から競売通知」が来た、または住宅ローン毎月返済が打ち切られ、「代位弁済」「一括請求」になったときは、早急に的確な手続きが必要になります。

任意売却と競売は並行して進めることができますが、競売の入札が始まるまでに売却を完了しなければならず、時間との競争になります。

任意売却 大阪相談室は債権者(銀行・保証会社等)との交渉に長け、優れた販売力で早期に売却し競売処分を回避した実績が多数あります。

任意売却の解決事例

住宅ローン返済・競売・不動産査定の無料相談

任意売却大阪相談室お問合せ
任意売却 大阪相談室 フリーダイヤル
0120-721-520 通話料無料

(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間: 9:00~20:00(土日・祝日対応)

メール相談は24時間受付中!

〒530-0041 大阪市北区天神橋2-5-26 ギャラリービル6F
Googleマップ
ご案内

秘密厳守を徹底します
当相談室では、訪問等のしつこいセールスは一切行っておりません。
お気軽にお問い合わせください。