MENU
  • 住宅ローンが残っている家を売る
    任意売却の解決事例

任意売却 大阪相談室|苦しい住宅ローンや差押・競売を支援

nini-baikyaku.osaka.jp

住宅ローン滞納の問題は、任意売却の活用で解決できます。あなたの経済的・精神的な負担を大きく減らし、新たな生活をスタートすることが可能です。

滞納している税金や、マンション管理費等も合わせて整理することができます。

《任意売却 大阪相談室》へお問い合わせいただくと、あなたに最適な解決方法をアドバイス致します。

裁判所の競売や、他の借金(カードローン・キャッシング)、連帯保証人(連帯債務者)の対応、信用情報の影響、売却後の残債、不動産の査定 等、あらゆる疑問にお答えし、問題の解決をサポートしています。

お気軽にフリーダイヤル・メールでお問い合わせください。

0120721520
お気軽にお問い合わせください(受付時間)9:00~20:00

家を売っても住宅ローンを全額返済できない

返済額の内訳

住宅ローンの返済方法は、毎月返済額が一定になる元利均等返済が通常です。

この返済方法は、返済期間の前半は金利払い分が大きく、元金分の減少がゆるやかです。

そのため、不動産の経年劣化による下落幅のほうが大きく、売却しても住宅ローン全額を返済できないことが珍しくありません。

特に、購入時に売買価格の100%ローンを利用された場合はその傾向が顕著です。

家を売るには住宅ローンの全額返済が必要

住宅ローンを組んで家を購入すると、不動産に抵当権が設定されています。

抵当権とは、住宅ローンの返済が滞った場合、債権者(住宅金融支援機構・銀行・保証会社)が裁判所へ競売を申し立てることができる権利です。

裁判所の競売で、所有者の意志にかかわらず強制的に売却し、その売却代金を住宅ローンの債務に充当するのです。

債権者は住宅ローンが全額返済されない限り、抵当権の抹消には応じません。

抵当権が付いたまま家を売却することは不可能なため、住宅ローンの全額返済が必要なのです。

しかし任意売却を選択することにより、全額返済しなくても不動産を売却し、住宅ローンの債務を完済または大きく減らすことが可能です。

任意売却で住宅ローンを全額返済しなくても売却可能

住宅ローンと家

返済の延滞を数ヶ月重ねると、必ず競売の申し立てを受けることになります。

競売は市場相場価格より安く、安く手放すことは売却後に多くの負債を背負うことになります。

また競売のスケジュールは裁判所が一方的に定めるため、新生活のスタートに大きな支障が出ます。

任意売却は債権者と交渉し中古物件として販売します

不動産を売却しても住宅ローンを全額返済できない場合、債権者(銀行・保証会社)は売ることを認めません。

それを銀行と交渉して、通常の中古物件として販売するのが任意売却です。

任意売却は競売と違い、市場相場価格で売却するので、売却後の債務も大きく減らすことができます。

また、あなたは中古物件の売主として買主と引き渡し時期等を話し合いで定めますから、スムーズに新生活を迎えることができます。

重要なポイントは、以下のとおりです。

  1. あなたが売主として不動産の売却を決意すること
  2. 債権者(銀行・保証会社)に任意売却の承諾を得ること
  3. 定められた期間内に適正価格で不動産の買手を見つけること

任意売却を成功させるには、専門家のアドバイスを欠かすことはできません。

《任意売却 大阪相談室》は、高い専門性と豊富な実績であなたの任意売却を完全サポートします。

任意売却の解決事例 ~成功談をご紹介~

任意売却のよくあるご質問

任意売却とは
住宅ローンを利用している不動産を売却するには、全額返済することが前提になります。
しかし売却しても全額返済できない場合、売却することが不可能になります。
その際に活用するのが「任意売却」です。
借り入れしている金融機関に売却する承認を得て、市場価格で売却することが可能です。
任意売却の流れ
任意売却を進めるには、債権者(銀行・保証会社・債権回収会社)との交渉が必要です。
税金の差押がある場合は、府県や市との交渉も必要になります。
一般の方々が、これらの交渉をすることは不可能です。
任意売却を成功するには、専門のコンサルタントへ依頼することが重要です。
競売と任意売却の違い
住宅ローンの滞納を重ねると、いずれ裁判所の競売に至ります。
競売は、裁判所の権限で強制的に不動産を売却する手続きです。
競売で不動産を手放すことに、何らメリットはありません!
競売開始決定に至っても、任意売却で厳しい負担を軽くすることが可能です。

住宅ローンの滞納回数と危険度

返済状況コンサルティング

離婚・失業・病気など思わぬ事態によって一旦返済が厳しくなると、生活に著しく悪影響が出ます。

住宅ローンの滞納・延滞は早く解消することが望ましく、できれば滞納の可能性がある段階で対処することがベストです。

返済の滞納が数ヶ月続くと、今までの毎月返済が打ち切られて残債の一括請求に至り、債権者(住宅金融支援機構・銀行・保証会社 等)が裁判所へ競売を申し立てをします。

《任意売却 大阪相談室》では、まだ返済中の方から、滞納・延滞している状態、裁判所の競売を受けている方まで、全ての方へ一貫した完全サポートを行います。

あなたの住宅ローン返済の状況は、どの段階でしょうか。当てはまる状況をお選びください

任意売却 大阪相談室は専門家のトータルサービス

任意売却 大阪相談室 ネットワーク

「任意売却」は宅地建物取引業免許・登録事業者が行う業務です。

不動産コンサルティングマスター

当相談室では、ファイナンシャル・プランナーが将来に渡る収入や、住宅ローンとクレジットカード・各種ローンの借金も含めて総合的に家計を診断します。

さらに公認 不動産コンサルティングマスター(国土交通大臣認定)が、あなたに最も適切な不動産の売買・賃貸・運用方法をアドバイスします。

宅建業免許証(2)

加えて宅建業免許・登録事業者(さくらエステート株式会社)として、不動産の売買・賃貸の実務を取り扱います。

住宅ローンの返済にお悩みの段階から、不動産の売買・賃貸まで、一貫したトータルサービスであなたのご依頼に対応致します。

安心して当社へお任せ下さい。

弁護士・司法書士と連携サポート

任意売却=破産ではありません。

任意売却で高額の住宅ローン返済問題を解決することにより、家計・収支は大きく改善し、新たな生活をスタートできます。

しかし当社ファイナンシャル・プランナーの診断の結果、住宅ローン以外にも多くの借金があり、破産などの法的手続きを進めるのが望ましい場合があります。

任意売却 大阪相談室では弁護士・司法書士と連携し、法的手続きにも迅速に対応した完全サポートが可能です。

対応エリアは大阪・神戸・京都です

当相談室は迅速・丁寧なコンサルティングを行うため、関西エリア(物件所在地)に特化しています。

無料の対面ご相談を受付中です。まずはメール、お電話でお問い合わせください。

任意売却大阪相談室 対応エリア

大阪市

北区都島区福島区此花区中央区西区港区大正区
天王寺区浪速区西淀川区淀川区東淀川区東成区生野区旭区
城東区鶴見区阿倍野区住之江区住吉区東住吉区平野区西成区

大阪府

堺市池田市箕面市豊中市茨木市高槻市吹田市
摂津市枚方市交野市寝屋川市守口市門真市四條畷市
大東市東大阪市八尾市柏原市和泉市高石市泉大津市
岸和田市貝塚市泉佐野市泉南市阪南市松原市羽曳野市
藤井寺市富田林市大阪狭山市河内長野市

兵庫県

神戸市尼崎市西宮市芦屋市伊丹市宝塚市川西市三田市

京都府

京都市宇治市城陽市向日市長岡京市八幡市京田辺市

奈良県

奈良市生駒市大和高田市大和郡山市天理市橿原市香芝市葛城市

取扱い実績のある金融機関 等

住宅金融支援機構住宅債権管理回収機構日立キャピタル債権回収MUフロンティア債権回収
オリックス債権回収三菱東京UFJ銀行三菱UFJ住宅ローン保証三井住友銀行
SMBC信用保証SMBC債権回収みずほ銀行みずほ信用保証
みずほ債権回収りそな銀行りそな保証りそな債権回収
関西みらい銀行
(関西アーバン・近畿大阪)
関西総合信用関西みらい保証
(近畿大阪信用保証)
池田泉州銀行
池田泉州信用保証近畿信用保証みなと銀行みなと保証
紀陽銀行阪和信用保証京都銀行大正銀行
大和ギャランティ南都銀行 南都信用保証 尼崎信用金庫
尼信保証 整理回収機構 クレディセゾン 全国保証
府・県税事務所 市役所・市税事務所 (順不同)

おすすめのページ

住宅ローン返済・競売・不動産査定の無料相談

任意売却 大阪相談室 フリーダイヤル
0120-721-520 通話料無料

(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間: 9:00~20:00(土日・祝日対応)

メール相談は24時間受付中!

〒530-0041 大阪市北区天神橋2-5-26 ギャラリービル6F
Googleマップ
ご案内

秘密厳守を徹底します
当社では、訪問等のしつこいセールスは一切行っておりません。
お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP