CATEGORY

返済状況に合わせたコンサルティング

返済状況コンサルティング

住宅ローンの返済状況によって解決策は異なります

あなたの状況に合わせたコンサルティングが必要になります。

  • 返済中だが、今後支払いが困難になる
  • すでに数回滞納・延滞しており、正常に戻す目処がない
  • 数ヶ月滞納・延滞したため、金融機関から残債務を一括請求すると言われている
  • 一括請求の後、裁判所から競売開始通知が来ている

任意売却 大阪相談室 では、全ての状況の方を一貫して完全サポートします。

0120721520

お気軽にお問い合わせください(受付時間)9:00~20:00

返済中だが近いうちに払えなくなる

返済が厳しくなる原因はさまざまです。 収入減少・失業・離婚・病気・保証債務の支払い等をきっかけに、返済が困難になってきます。 返済を滞納・延滞して数ヶ月経つと、必ず裁判所の競売で家を手放すことになります。 それを念頭に置いて、住宅ローンを返済期間内に全額返済できるか考える必要があります。 毎月返済額 […]

返済を1回以上滞納している

住宅ローン返済を1~2回滞納しても、すぐに正常へ戻せる場合は問題はそれほど大きくありません。 しかし、そのまま3回以上滞納してしまう場合は注意が必要です。 住宅ローン返済の3回滞納・延滞はイエローカード 実態として3回滞納した人が、返済を正常に戻せる確率は非常に低くなるため、早期に対策が必要です。 […]

返済を3回以上滞納し「代位弁済」「一括請求」と言われた

住宅ローンの返済を3回以上滞納すると、事態は深刻です。 返済を正常に戻せない人が多くなるため、銀行・債権回収会社の対応も変わり、収支状況について質問されます。 全く銀行・債権回収会社へ連絡を取らない人もいますが、その行動は望ましくありません。 銀行等の心証が悪くなり、その後の交渉にも悪影響を及ぼしま […]

支払いの最終期限の督促状が来た

一般的に住宅ローンの返済を5回以上滞ると、支払いの最終期限を記した督促状が届きます。銀行により早いケースも珍しくありません。 ○月○日までに支払いがなければ、「期限の利益の喪失」「代位弁済」「一括請求」「競売手続き」を行う旨の記載があります。 それぞれの用語について 催告書・通知書のサンプル 詳しく […]

「期限の利益の喪失」「一括請求」の内容証明郵便が来た

支払いの最終期限までに滞納金額の返済を行わないと、内容証明郵便で「期限の利益の喪失」「一括請求」といった通知書が届きます。放置していると裁判所の競売に進みます。競売のデメリットを受けずに解決する方法が「任意売却」です。課題は銀行等の交渉・承諾を得ることで、任意売却を熟知した専門家に依頼することが重要ポイントです。

裁判所から「競売開始決定」が届いた

裁判所から「担保不動産競売開始決定」の通知が届いたら、早急に対応が必要です。 今まで銀行・保証会社・債権回収会社と全く話し合いをしなかった方も、交渉によって「任意売却」は可能です。 任意売却のスケジュールは厳しくなりますが、任意売却 大阪相談室 では競売後の任意売却の実績が多数あります。 競売と任意 […]

返済状況に合わせたコンサルティング

住宅ローンの返済状況によって解決策は異なります。あなたの状況に合わせたコンサルティングが必要になります。 《任意売却 大阪相談室》では返済中、滞納・延滞中、一括請求後、競売決定後まで、全ての状況の方を一貫して完全サポートします。