夫が家を出ていき、妻(連帯保証人ではない)が残った

離婚保証人_d

住宅ローンの支払いは夫が続ける条件で離婚し、妻が住み続けるケースがあります。これは危険です。

妻が家に住む権利を、別れた夫が握っています。支払うと約束しても、支払えなくなることは珍しくありません。

住宅ローンを滞納すると、いずれローン打ち切り一括請求となり、裁判所の競売にかけられます。

しかも妻にはローンを滞納しているかどうか分かりません。

ある日突然、裁判所の執行官が家を見に来るうえ、それを拒否することもできません。

残念ながら、離婚の時に夫婦間でどのような約束をしていようとも、住宅ローンを借りた銀行や裁判所には関係のない話です。

ここまでの状況に至れば、必ず家を出ていくしかありません。

競売で家を手放すことに、なにもメリットはありません。《任意売却 大阪相談室》へご相談ください。

不動産競売とは?

競売開始決定

裁判所から「競売開始決定」が届いた

裁判所から「担保不動産競売開始決定」の通 ...
続きを読む
jirei

任意売却の解決事例

任意売却 大阪相談室で解決した事例の一部 ...
続きを読む
競売

競売通知が来たら

競売とは裁判所が強制的に不動産を売却する ...
続きを読む
任売競売

任意売却と競売を比べると?

裁判所の競売にメリットはありません 競売 ...
続きを読む

住宅ローン返済・競売・不動産査定の無料相談

任意売却大阪相談室お問合せ
任意売却 大阪相談室 フリーダイヤル
0120-721-520 通話料無料

(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間: 9:00~20:00(土日・祝日対応)

メール相談は24時間受付中!

〒530-0041 大阪市北区天神橋2-5-26 ギャラリービル6F
Googleマップ
ご案内

秘密厳守を徹底します
当相談室では、訪問等のしつこいセールスは一切行っておりません。
お気軽にお問い合わせください。